Vimプラグイン「NERDTree」設定・コマンド備忘録

公開日: : vim, 備忘録

Vimのプラグインである「NERDTree」について、設定・コマンドを備忘録としてまとめておきます。

特徴

nerdtree

上図の赤線で囲った箇所ように、ディレクトリをツリー表示することができ、効率的にファイルにアクセス・操作することが出来ます。

導入方法

プラグイン管理ツールNEOBUNDLEを利用したをおすすめします。

NEOBUNDLEの導入については、本家サイト(https://github.com/Shougo/neobundle.vim)にあるように、下記インストールシェルを叩くだけでおk。

$ curl https://raw.githubusercontent.com/Shougo/neobundle.vim/master/bin/install.sh | sh

そして、~/.vimrcに取り敢えず下記テンプレを記載すればNeoBundleが反映され、以降プラグインを上図の緑の部分(” My Bundles here : )の箇所に追記すればプラグインが簡単にインストールできる。

 

 if has('vim_starting')
   set nocompatible               " Be iMproved

   " Required:
   set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim/
 endif

 " Required:
 call neobundle#begin(expand('~/.vim/bundle/'))

 " Let NeoBundle manage NeoBundle
 " Required:
 NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'

 " My Bundles here:
 NeoBundle 'Shougo/neosnippet.vim'
 NeoBundle 'Shougo/neosnippet-snippets'
 NeoBundle 'tpope/vim-fugitive'
 NeoBundle 'kien/ctrlp.vim'
 NeoBundle 'flazz/vim-colorschemes'

 " You can specify revision/branch/tag.
 NeoBundle 'Shougo/vimshell', { 'rev' : '3787e5' }

 call neobundle#end()

 " Required:
 filetype plugin indent on

 " If there are uninstalled bundles found on startup,
 " this will conveniently prompt you to install them.
 NeoBundleCheck

最終行のNeoBundleCheckによって、vimを立ち上げるたびにプラグインをチェックしてくれるのです。

んで肝心の「NERDTree」のインストールですが、~/.vimrcに下記を追記し、vimを立ち上げればインストールされます。
これで完了。。。

NeoBundle 'scrooloose/nerdtree'

 

利用方法

vimを立ち上げ、コマンドモードで「:NERDTree」を実行すればツリーが表示されます。消すときは「q」。
基本的な操作を下記にまとめてみる。

ファイル操作

oファイルを開く
goファイルを開き、カーソルはツリーに保持
tタブで開く
Tタブで開き、カーソルはツリーに保持
i水平分割でファイルを開く
gi水平分割で開き、カーソルはツリーに保持
s垂直分割で開く
gs垂直分割で開き、カーソルはツリーに保持

ディレクトリ操作

oディレクトリの開閉
O再帰的にディレクトをすべて開く
x親ディレクトリを閉じる
X再帰的にすべての子ディレクトリを閉じる
e選択したディレクトリをルートとする新たなツリーを生成する

ツリー操作

Pルートディレクトリへ移動
p親ディレクトリへ移動
K同階層の一番上へ移動
J同階層の一番下へ移動
Ctrl-j同階層の一つ下へ移動
Ctrl-k同階層の一つ上へ移動

ファイルシステム

Cツリーのルートを選択したディレクトリに変更する
uツリーのルートを一つ上の階層にする
U変更前のツリーの状態を保持したまま、ツリーのルートを一つ上の階層する
r選択したディレクトリをリフレッシュする
Rツリーのルートをリフレッシュする
mメニューを表示する(ファイル/ディレクトリの追加/削除/コピー/移動が可能)
cd選択したディレクトリにCWDを変更する
CDCWDをツリールートに変更する

ツリーフィルタリング

I隠しファイルの表示/非表示切り替え
fファイルフィルタの表示/非表示切り替え
Fファイルの表示/非表示切り替え

ウィンドウのツリー・ファイル間のカーソル移動は、通常のウィンドウ分割の時と同様、「<Ctrl-w> + hjklとか」。

デフォルトで起動する設定

vimを立ち上げるたびに毎回「:NERDTree」を打ち込むのは面倒くさいので、デフォルトで表示されるように設定しておくのです。

また、隠しファイルもデフォルトで表示されてたほうが個人的には嬉しいので、その設定も。邪魔な場合は上記のコマンド説明のように、「I」を押せばよい。

~/.vimrcに下記をついきすればおk。

" 隠しファイルをデフォルトで表示させる
let NERDTreeShowHidden = 1

" デフォルトでツリーを表示させる
autocmd VimEnter * execute 'NERDTree'

 

以上、、、一回慣れると、もうなしではしんどくなりそうですねん。。。

 

 

GoogleAdsense

関連記事

genymotion_logo

genymotionのすすめ

Android開発においてしばしば挙がる不満として、エミュレータのもっさり感があります。 この

記事を読む

android_kitkat

Android4.4(API19)KitKatでのGraphicalLayout,AdMob問題

Androidの新バージョンKitKatがリリースされてもう結構経つが、いまさら我が開発環境でも導入

記事を読む

MySQLでの条件付きSUM,COUNT

以前つっかかったMySQLでの条件付きSUM,条件付きCOUNTについて備忘録。。。 通常、条

記事を読む

【Android】APKのデコンパイルまとめ

AndroidのプロジェクトをパッケージングしたAPKファイルをデコンパイル(Javaのソースコード

記事を読む

node_cookie

【Node.js】 Cookieの取り扱いまとめ

最近流行りのNode.jsですが、Cookieに関して、いくつかお決まりの取り扱い方があり、

記事を読む

Win7, 64bit環境でのcocos2d-x環境構築まとめ

さて、いままでJavaオンリーでゴリゴリとアプリリリースしてきたわけですが、ゲームを作るとなると、ど

記事を読む

hydra

クラックツールHydraでベーシック認証を突破してみる

kali linuxにデフォルトでインストールされているツール「Hydra」を利用して、ベーシック認

記事を読む

bash設定ファイルについてまとめてみた

仮想環境を組んだ時に、環境変数が所どころ未設定なことがあった。 環境変数の設定にはbashの設定フ

記事を読む

openssh

SSH CA認証まとめ

SSHでの接続を、CA認証でやってみる。 備忘録として残しておくの。。。 概要 Ope

記事を読む

PHPのextensionが読み込まれない問題…

大したあれではないが、ちょっと詰まったのでメモ。。。 事のぼったんは久々にWordPressを

記事を読む

GoogleAdsense

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

GoogleAdsense

openssh
SSH CA認証まとめ

SSHでの接続を、CA認証でやってみる。 備忘録として残しておく

node_cookie
【Node.js】 Cookieの取り扱いまとめ

最近流行りのNode.jsですが、Cookieに関して、いくつ

hydra
クラックツールHydraでベーシック認証を突破してみる

kali linuxにデフォルトでインストールされているツール「Hyd

john the ripper
パスワードクラックツール JOHN THE RIPPER 使い方まとめ

パスワードクラッキングツールである「JOHN THE RIPPER」の

宇部空港
久々の帰省・・・

宇部空港にて[/caption] たまには普通の日記を。。。

→もっと見る

PAGE TOP ↑